動画編集でも稼げる

ユーチューブチャンネルメンバーシップは月額490円で好きなユーチューバーを支援できます。ユーザーは月額料金を払って、バッジ、絵文字などいろいろな特典チャンネルから得られます。ヘルプセンターによれば7割がチャンネル収益となって、3割がユーチューブの収入となります。そしてメンバーシップはチャンネル登録者数3万人から利用ができます。スーパーチャットメンバーシップを利用して知名度高くないユーチュ-バーでもある程度安定して収入挙げられることになりました。ユーチューブアドセンスに次ぎ有名な収益化の方法企業とのタイアップ動画であり、企業案件報酬は1本150万円から、トップクラスの者なら1本300~500万円ぐらい入ります。企業案件受けられるのはチャンネル登録者10万人前後ぐらいです。企業は影響あるユーチュ-バーに商品を体験してもらって、その対価で報酬を支払うのです。そして、動画最後、概要欄に自分のサイトなどリンク張って、そこで商品紹介して報酬得る方法があります。リンク先ブログあほ勧めプログラミング教室など紹介されていて、アフィリエイト報酬を得られます。アフィリエイト、グッズ販売と似てますが、自社商品販売にユーチューブを利用してみる方法があります。ファッションメーカーはメーカーが直接消費者に販売するような手法をユーチューブでやります。わざわざ仲介業者使わないで宣伝して取引をして仲介料がかからないことが特徴です。また、固定ファンついてるユーチューバーは視聴者との交流にユーチューブをつかうことで稼げます。イベント告知できるサイトこくちーずはユ-チューバーのセミナーなどたくさん告知されていてノウハウ豊富なユーチューバーなら後援会でもかなり金額集められるはずです。そして、病や塾などサービス内容説明すればお客に興味持ってもらえる店はユーチューブとの相性がいいです。エステは施術様子を公開してみればお客にどういったことをするか不安だというハードル払しょくできます。そして、画像、文字では伝わりにくい様子も動画は細部まで伝えられます。チラシ作ってみたいが集客効果上がらないといった店もユーチューブは動きにより細かい様子をつたえられてユーザーの興味引きつけやすいです。またユーチューブで動画編集技術身につけたかたは、編集自体収入元にできます。単価1動画当たり3000~5000円ぐらいで初心者ユーチューバーから需要があり安定して稼げます。